So-net無料ブログ作成
検索選択

ヤマト運輸のパワハラ事件~イメージ回復のため徹底的に処罰するべき [トピック記事]

ヤマト運輸のドライバーが、上司のパワハラのためうつ病を発症し、2015年1月に自殺しました。

自殺したドライバーの妻子は、原因は上司のパワハラだったとして、慰謝料など約9,500万円の損害賠償を求めて長野地裁に提訴しました。

内容を読むと本当にひどい話だという事がわかりました。


スポンサードリンク






ヤマト運輸での所長からの激しいパワハラ 


自殺した男性は、1989年7月に入社し、長野県内でドライバーとして働き始めたそうです。

非常に優秀であり、2003年には所長となりました。

優秀な働きぶりで、同社支店長から表彰されたこともあったそうです。

自殺した男性は、2011年ごろに通常業務のドライバーになり、代わりに今回パワハラをした上司が所長としてやってきました。

2012年ごろから、その上司によるパワハラが始まったそうです。

2014年5月10日には、約2時間にわたって罵声を浴びせられるというひどいパワハラを受けました。

机を蹴飛ばして大きな音を立てたり、威圧的に怒鳴りつけたり。

「俺、マジいらねぇコイツ、殺してぇなホントに」

「クソみてぇなヤツ」

など、ひどい暴言を浴びせていたそうです。

ヤマト運輸にとって、こいつこそいらねー。いや本当にいなくなってほしいってみんな思ってるでしょうね。

主管の支店長も同席していたそうですが、制止しなかったとのこと。

クズの周りはクズばかり。

a1180_003879.jpg

この事件で、ヤマト運輸のイメージが 


この事件どう思いますか?

すげー腹が立って仕方ないです。

まじめなこの自殺した男性も、このアホみたいなクズな上司も、どちらもヤマト運輸の社員です。

こういう男を放置していたヤマト運輸の企業イメージは最悪になりましたし、それでなくても人手不足なのに。

ヤマト運輸で働こうという人いなくなるでしょ。

もう徹底的にこのアホな上司を処分しないと、本当にイメージダウンは避けられないですよ。

懲戒解雇だけでなく、多額な賠償金を払わせ、徹底的にどん底に落とさないと。

本当に許せないですわ。

もちろん、この所長の家族、親族はその責任を世間から受けるべきです。

こういうドアホだけの制裁では、もはや小さすぎます。

人ひとり自殺に追い込んだ償いは、この男と、その家族全員がうけないと割に合いません。

奥さんや、子供達には罪はないです。

しかし、奥さんや子供たちの将来を台無しにすることが、この男への最大の処分となります。

そのぐらいしていかないと、また第二のアホが出てきますから。

家族に多大な迷惑をかけてしまうというのが、大きな抑止力となります。

可愛そうですが、必要なことなんです。

自殺した男性は優秀な人だったようです。

ヤマト運輸にとって貴重な人材を、このアホにより喪失したのです。

ヤマト運輸も、この男に対しては損害賠償を求めてもいいぐらいですよね。




スポンサードリンク






◆こんな記事も書いています:
・ONE OK ROCK お恥ずかしながら今日初めて知りました 
・そこまで言って委員会であった痴漢の冤罪について~絶対認めない 



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村



スポンサードリンク




↓ もしよかったら読者登録をお願いします。


◆プライバシーポリシー
プライバシーポリシーはこちら
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。