So-net無料ブログ作成

そこまで言って委員会であった痴漢の冤罪について~絶対認めない [日記(日常)]

関西で放送しているテレビ番組「そこまで言って委員会NP」。

話題は、冤罪についてでした。

死刑制度についてとか非常に興味深い話題もあったんですが、今回書きたいのは痴漢の冤罪。


スポンサードリンク






痴漢の冤罪について 


話題としては、日本の試験制度について書きたいところなんですが。

身近な危険としてあるのが、電車の中での痴漢の冤罪。

関西では、ほぼ満員電車って少ないので、痴漢の冤罪自体ないと思うのですが。

本当に痴漢は腹が立つし、犯人は絶対捕まえるべきだと思います。

a0006_000059.jpg
せっかく女性車両があるので、女性はできる限り女性車両に乗ってもらい、分離が一番だと思います。

関西では、本当に関東みたいに混んでいないので、女性はもっと女性車両に乗るべきだと思います。

男性は、男性専用車両がないので、女性がいると、なんで隣の車両が女性専用車両なのに、こっち載ってんねんって、少々むかつきますが

男性専用車両を用意してほしいところですよね。

で、痴漢の冤罪については、基本的に徹底的に戦います。

痴漢してないのに、勘違いで痴漢扱いされたら、その場でぜったい動かないで、弁護士が来るまで一歩も動かないで、駅事務所にもいきません。

で、絶対認めません。

痴漢してないんだから、いくら言われても絶対していないと言い張ります。

で、痴漢と言った女性を名誉棄損で絶対訴えます。

弁護士費用がいくらかかろうが、どれだけこちらが損をしようが、徹底的に名誉棄損で訴える。

痴漢の冤罪により、どれだけ迷惑がかかるか。

そりゃ、もしかして違う人が痴漢を実際していたかもしれませんが、していない人を痴漢呼ばわりしたら、その責任は絶対に取ってもらう。

サラリーマンは、常に痴漢の冤罪の危険性にさらされています。

絶対やっていないと、言い続けないと本当に危険です。

安易にお金払って済ませようとしたら、結局警察に捕まります。

絶対認めないで、鑑定なりなんなりしてもらいましょう。

そして無罪になったら、即名誉棄損で相手を訴えましょう。

そっから徹底的に戦います。

痴漢も許せませんが、痴漢の勘違いも絶対許せませんから。

と、思った次第です。。。
(痴漢なんて、絶対しないから)

きつい言い方でしたが、痴漢の勘違い。冤罪もりっぱな犯罪だと思います。

冤罪でその人の人生が、本当に変わってしまいます。

訴えた側は、勘違いでしたとか、間違いでしたと簡単に済ませようと思うかもしれませんが、こっちは家族も会社も、いろいろ信用もあります。

それを勘違いでは済まされません。

痴漢の冤罪は、痴漢と同じぐらいの犯罪だと思います。

女性は、女性専用車両に乗るという方法がありますが、男性は会社に行くのに、普通車両に乗るしかないんです。

逃げ場がないんですよ。

自分も男性専用車両に乗りたいんですが、ないんですよね。

だから、女性は女性専用車両に乗って、普通車両には混む時間は乗らないでほしいですね。

ほんとに。

a0055_000735.jpg

スポンサードリンク






◆こんな記事も書いています:
・子供のオムツが取れる日がとうとうやってきた! 
・テレビのコメンテーターの質はどこまで低下するのか 



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村



スポンサードリンク




↓ もしよかったら読者登録をお願いします。


◆プライバシーポリシー
プライバシーポリシーはこちら
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました