So-net無料ブログ作成

突然ガンになる恐怖~その日から日常から非日常へ [日記(日常)]

ガンの話って、少し他人事のような感じがしますね。

でも、誰でも突然ガンって言われる可能性はあります。

そこから日常が非日常に変わっていきます。それも劇的に。

実は私もガン経験者です。


スポンサードリンク






突然白血病と言われて 


10年以上前に、体調を崩して病院へ行くと、緊急入院。

骨髄から血液を採取し、親を呼ぶようにと病院から。

親が来ると先生と面談。

その時、初めて白血病であることを告げられました。

親は顔面蒼白。

私は、初日から入院していた病室(6人部屋)の雰囲気からうすうすではあるけど、なんとなくそんな気が。

だからと言って衝撃がなかったとは嘘になりますが。

しかしどちらかと言えば、しっかりした態度だったかなと思います。

部屋にいると、頻繁ではないが患者が出たり入ったりします。

その部屋はほとんどが白血病の患者です。

入ってくる人のほとんどは、落ち込んでいたり、夜中に泣いていたりする人が多いです。

私は、独身で親元も遠かったので常に一人でした。

周りは近くに家族がいて、毎日見舞いに来ていました。

自分は、自分で洗濯し、必要なものは自分で買いに行っていました。

差し入れなんて全くないです。

1人で頑張りました。
(2週間に一回ペースで親が来てくれたことが、非常にありがたかったです。)

会社ももちろん行けるわけもなく、長期休暇です。

生活はガラッと変わりました。

髪の毛も全部抜けましたしね。抗がん剤のせいで。

こんなんはどってことないんですよ。抗がん剤やめれば生えてくるんだから。

ドラマなどでは、この辺をえらい悲観的に表現していますが、ガンという病気の前に髪の毛どうのここうのっておかしいですよ。それも後で生えてくるのに。

しかし、抗がん剤のつらさは本当にきついです。

抗がん剤を投与する時間は、30分程度です。

その日から、白血球がどんどん減っていき、その為に体に免疫がない状態となるので、本当に簡単に高熱がでます。

なんか予感でわかるんですよね。

あっ、悪寒がするって思うと、100%熱が出ます。

最後の4回目の治療の時には、40度の熱が1カ月続きました。

想像つきますかね。40度の熱が1ヵ月ずっと出続けるって状態。

インフルエンザで40度の熱が出た時、しんどいですか?

あれが、1ヵ月続きます。

そんな時、トイレは一人で行かないといけないです。

ご飯は食べられないので、すべて点滴です。

常に意識が飛んでいる状態って感じです。

常に前向きに病気と闘っていましたが、ごくたまに「俺って、神様から要らないって言われてるのかな」って思うときもありました。

小林麻央ちゃん。

本当に頑張ってほしいです。

子供のためにも本当に頑張ってほしいです。

早く日常が戻ってきますように。

a0006_000859.jpg
a0055_000735.jpg

スポンサードリンク






◆こんな記事も書いています:
・子供のオムツが取れる日がとうとうやってきた! 
・テレビのコメンテーターの質はどこまで低下するのか 



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村



スポンサードリンク




↓ もしよかったら読者登録をお願いします。


◆プライバシーポリシー
プライバシーポリシーはこちら
タグ:白血病
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました