So-net無料ブログ作成

銀行を題材にした小説を読むたびに銀行が嫌いになるが [日記(日常)]

本は結構読みますね。

小説ばかり読みますが、特に好きなのが経済に関する小説。

昔は推理小説ばかり読んでましたが。


スポンサードリンク






経済小説 


高杉良の本とかもよく読みますね。

もちろん、「ハゲタカ」も読みました。

やはり経済に関する小説は楽しいです。

こういう本をよく読んでいると、銀行がよく出てきます。

決まって嫌なものとしてですが。

誠実な銀行員を主人公にしていても、周りにクズが多すぎて、結局銀行が嫌いになる。

銀行が嫌いというよりは、銀行の仕事のやり方ですかね。

銀行員というのもあまりいいイメージはありませんね。

よく言われる、景気がいい時には、ペコペコして借りてくれとくる。

しかし、景気が悪くなると、非情なほど平気で貸し渋りをする。

まぁ、小説の中では、間違いなく上記のパターンですね。

当然銀行員が悪いのではなく、そうするしかないという銀行の業務の在り方なんですが。

そもそも、後のことを考えないで、単に手数料を稼ぐために、ゴミみたいな商品を売るという、そういう姿勢が嫌なんですよね。

あと、給与が高いわりにやっている仕事は、しょうもない仕事が多いっていうのも。

やっと、最近AIを導入しリストラをしようとしていますが、遅いよ!って言いたいぐらいです。

最近読んでいる本にも、銀行を当てにするような仕事は絶対するな!っていうのがありましたね。

20180913-2.PNG

メガバンクとか必要ない 


あくまで個人としてですが。

企業としては絶対必要なんでしょうけど。

個人としては、ネット銀行さえあれば、十分です。

銀行にお金を置いておくこと自体もったいないって思ってしまいますね。

金利の低さは驚くほどです。

時間がもったいない。

今は単なる入れ物としてしか使っていませんね。




スポンサードリンク







■■以下のブログもご覧ください ■■■
経済に関するニュースや、投資信託の運用実績(運用状況)、南アフリカランドについて。いろいろと話題満載です。
【おぐけんの経済研究所】 
oguken.JPG


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で






[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

即日出荷!【キャンペーン】H4O PET 30本セット 水素水
価格:6980円(税込、送料無料) (2018/6/1時点)













にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村



スポンサードリンク






↓ もしよかったら読者登録をお願いします。


◆プライバシーポリシー
プライバシーポリシーはこちら
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。