So-net無料ブログ作成

【本の感想】「プライベートバンカー」<清武英利>~小説というよりは [本の感想]

こういうの結構好きなんですよね。

シンガポールに集まる超富裕層。

そういう人たちに群がる人たち。またそういう人たちを利用し、税金などを逃れようとする人たち。

お金が沢山あることが本当に幸せなのか、なんか考えさせられますね。


スポンサードリンク






注!ネタバレ 


概要はというと。

主人公は、杉山智一。

野村証券に勤めていたが、転職し、最終的にシンガポールのジャパンデスクに職を得る。

そこに待っていたのは、勧誘時の態度とは一変した上司が仕掛けるわな。

※一生懸命感想書いてたのに、ブラウザが落ちた。。。


20181224-1.PNG

読んだときの感想 


結構こういうのが好きな人にはたまらないかもしれませんね。


【総評】 


◆読みやすさ:4
実例が多く読みやすいです。

◆意外度:2
意外度はほとんどありません。

悪い人もいるが、それなりにうまく切り抜けていく。

池井戸潤作品のように、すっきり感はないですね。


◆夢中度:3
多少ですかね。


◆読んだ後のすっきり度:3
ほどほど。

まぁ、主人公は無難に次の仕事をし、他のひともそれなりに次のステップに行っている。



スポンサードリンク







■■以下のブログもご覧ください ■■■
経済に関するニュースや、投資信託の運用実績(運用状況)、南アフリカランドについて。いろいろと話題満載です。
【おぐけんの経済研究所】 
oguken.JPG







[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

即日出荷!【キャンペーン】H4O PET 30本セット 水素水
価格:6980円(税込、送料無料) (2018/6/1時点)













にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村



スポンサードリンク






↓ もしよかったら読者登録をお願いします。


◆プライバシーポリシー
プライバシーポリシーはこちら
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。