So-net無料ブログ作成

【本の感想】「殺人犯はそこにいる」<清水潔>~警察の驚くほどの無能さ [本の感想]

これ一時話題になっていた、タイトルを隠して売っていた本です。

タイトルは、「犯人はそこにいる」。

これは本当に多くの人に読んでもらいたい。で、警察に対してもっと怒りを持ってほしい。

これほどまで無能でよいのか?公務員でももっと能のないやつは、処罰が必要だと感じました。

犯人は捕まっておらず、警察も捜査していない。


スポンサードリンク






注!ネタバレ 


概要はと言うと。

1979年から、1996年の間に、足利市と太田市で発生した4件の幼女連続殺人と1件の幼女不明事件。

逮捕されていた元幼稚園バスの運転手は、DNA鑑定により無罪となった。

一人の記者が執念で事件の真相を暴いていく。

ただ、警察や検察は保身に走り、真犯人を長い間野放しにした上に、更なる保身に走り、犯罪者を野放しにしている。

少なくとも4人の幼女を殺害した犯人は、今もノウノウと生きている。

なぜ、警察や検察は、純粋に犯人を捕まえようとしないのか。

この本を読んで、警察、検察、科警研に対する怒りしか湧いてこない。




20190706-1.PNG

【総評】 


◆読みやすさ:4
非常に分かり易く、丁寧に説明してくれていて、さすが記者と思う。

特にDNA鑑定の部分は凄く分かり易い。

◆意外度:3
正直、ある程度、警察とやらがドラマのごとく動かないんだろうなって言うのが、分かった。

意外性は少ないが、それでも腹が立った。


◆夢中度:5
もう、本当に夢中になった。

事件の流れがどうなるのか。

これをどうやって、周りに薦めれば良いのか。

本屋さんの気持ちがよく分かった。


◆読んだ後のすっきり度:1
さすがにスッキリはしない。

本当に周りに殺人犯がいると思う、住民はどう思うのか。

その犯人を、あろうことか警察が、許容しているとしたら。

冤罪が決まってるのに、今だにそれを信じない。

捕まえるときにはDNA鑑定を証拠にし、無罪のDNA鑑定は信じない。

これが本当に大人なのかと、信じられない気持ちだ。





■■以下のブログもご覧ください ■■■
経済に関するニュースや、投資信託の運用実績(運用状況)、南アフリカランドについて。いろいろと話題満載です。
【おぐけんの経済研究所】 
oguken.JPG







[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

即日出荷!【キャンペーン】H4O PET 30本セット 水素水
価格:6980円(税込、送料無料) (2018/6/1時点)













にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村



スポンサードリンク





↓ もしよかったら読者登録をお願いします。


◆プライバシーポリシー
プライバシーポリシーはこちら
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。